熊本大学 生命資源研究・支援センター

バイオ情報分野



 これまでにヒトをはじめ、チンパンジー、マウス、ニワトリ、線虫など、さまざまな生物のゲノム配列が解読されてきました。「生命の全体像」を捉えるためには、ゲノム配列情報に加えて、遺伝子の発現解析や機能解析、遺伝子やタンパク質のネットワーク解析などの生物情報を蓄積することが重要です。遺伝子改変マウスは、個体レベルで遺伝子機能を解析するための強力なツールとなります。私たちは、"可変型遺伝子トラッププロジェクト"に参加し、可変型遺伝子トラップ法により作製された遺伝子改変マウスを用いて、さまざまな遺伝子の生体機能を明らかにすることを目指しています。また、遺伝子トラップクローンの情報をデータベース化し、多くの研究者が活用できるようにオープンリソースとしています。このようにバイオ情報分野では、生命科学の基礎研究と、バイオリソースといった研究支援の両方で活動を展開しています。

メンバー

荒木 正健  Masatake Araki--------------准教授    >>MASA Home Page
吉信 公美子 Kumiko Yoshinobu----------助教
仙波 圭   Kei Senba---------------------客員助教
吉住 友希  Yuki Yoshizumi---------------薬学部薬学科6年
武田 伊世  Iyo Takeda---------------------大学院創薬・生命薬科学専攻博士後期課程2年
林田 隆成  Ryusei Hayashida----------- 薬学部薬学科5年
江藤 聡   Satoshi Eto-------------------- 薬学部薬学科5年
高田 幸基  Kouki Takada----------------- 薬学部薬学科4年
山口 友輔  Yusuke Yamaguchi---------  薬学部薬学科4年
慶田 貴子  Takako Keita-------------------技術補佐員
今村 千賀子 Chikako Imamura-------------実験補助員
上村 清美  Kiyomi Uemura----------------実験補助員
古閑 成美  Narumi Koga-------------------技術補佐員
来海 葉子  Yoko Kimachi------------------ 技術補佐員(事務担当)
地下 裕美  Hiromi Jige---------------------

研究テーマ

 可変型遺伝子トラップ法を用いたゲノム上の未知配列の機能解析

 可変型遺伝子トラップクローンデータベース(EGTC)の開発と改良

3 目的の部位で発現させることができるプロモータートラップマウスのライブラリー構築

共同研究テーマ

○理研バイオリソースセンター「Creドライバーマウスの開発」
○宮崎大学医学部整形外科「可変型遺伝子トラップマウスにおける骨軟骨異常のスクリーニング」

活動内容

○研究支援
 ・学内共同利用施設 遺伝子実験施設の運営・管理
     詳しい活動内容はこちら >>遺伝子実験施設HP
 ・ 遺伝子実験に関する技術支援および情報提供

○教育
 ・ 熊本大学遺伝子組換え生物等第二種使用等安全委員会活動のサポート
 ・ 一般教育・教養科目「最前線の生命科学a,b」
 ・ 大学院医学教育部「発生再生医学理論」
 ・ 大学院医学教育部「実験動物学」、「医学実験講座」
 ・ 薬学部 卒業研究指導
 ・ 薬学部創薬・生命薬科学科「バイオ情報学」「バイオ情報学演習」担当
 ・ 薬学部「分子生物学」「細胞生物学」
 ・ 熊本県内の中学・高校における遺伝子教育導入のサポート

○勉強会
 ・教室セミナー(研究発表)
 ・実験グループミーティング(進捗状況の報告)
 ・ジャーナルクラブ

○主な参加学会
  日本分子生物学会/日本発生生物学会/日本実験動物学会/日本遺伝学会/モロシヌス研究会


☆☆☆研究室風景☆☆☆

                     

IMG_0720web.jpg



熊本大学 生命資源研究・支援センター バイオ情報分野

住所  〒860-0811 熊本市中央区本荘2-2-1
TEL   096-373-6501(事務室)
FAX   096-373-6502
E-mail  www(アットマーク)gtc.gtca.kumamoto-u.ac.jp

更新[2017.4.24]