熊本県立教育センター 高校教諭10年経験者研修

日時:2016年8月5日(金) 9:30~16:00

場所:熊本県立東稜高等学校

内容:
PCRによるDNA鑑定
 アルデヒドデヒドロゲナーゼ2遺伝子(ALDH2遺伝子)は、アルコールに対する強さを決める遺伝子としてよく知られています。また、一塩基多型の代表として話題に取り上げられます。本研修では、ALDH2遺伝子型検査を題材にして、遺伝子と形質、PCR技術への理解を深めます。

 -「実験操作を通して考える」を基本にした研修です-


受講者:5名

当日のスケジュール:

午前 9:30〜12:40
 ガイダンス
 ALDH2遺伝子の一塩基多型とPCRの原理説明
 マイクロピペット操作練習
 粘膜細胞の採取、アルカリ法によるDNA抽出
 PCR反応液の調製   
 PCR反応開始

昼食 12:40〜13:40

午後 13:40〜15:30

 アガロース電気泳動法の原理説明
 アガロース電気泳動
 結果判定と考察


研修の様子:


     PCR反応液の調製                慎重に・・・


  ハプニング後、無事PCR反応へ          結果は電気泳動で


  ゲルにLEDを照射してスマホで撮影        スマホで結果の判定


※今回は、地震の影響のため、場所を外部にお借りして実施しました。


熊本大学生命資源研究・支援センター バイオ情報分野
担当講師:吉信 公美子    実験準備:来海 葉子、慶田 貴子


[2016.10.31作成]