〜お知らせ〜毎月のお知らせです。その月の初めにOn Line Newsで送信している内容です。

11月のお知らせ

(1)生命資源研究・支援センターの分野名の変更について
(2)メールサーバの変更について
(3)第14回生命資源研究・支援センターシンポジウムについて
(4)遺伝子実験施設年末大掃除について
(5)『アクティブボード』について

(1)生命資源研究・支援センターの分野名の変更について
 生命資源研究・支援センターでは、平成29年10月1日付で4研究室の名称を変更しましたのでお知らせします。新しい分野名と旧分野名を列記します。
*実験動物分野(旧:病態遺伝分野)
*発生遺伝分野(旧:技術開発分野)
*ゲノム機能分野(旧:バイオ情報分野)
*分子血管制御分野(旧:表現型解析分野)

(2)メールサーバの変更について
 近年、遺伝子実験施設で使用してきたメールサーバは、他のメールサーバ同様に外国から送られてくる大量のメールの処理に対処しきれず、正常に機能を発揮できないことが多くありました。数週間前から特に悪化していた様で、溜まっていたすでに終了した遺伝子技術講習会の案内メールが送られるなど、関係者のみなさまにご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。
 今回、データベースEGTCを運用しているマシンをメールサーバとしても活用することにしました。これに伴い、遺伝子実験施設の連絡用メールアドレスも変更します。

これまでの連絡用メールアドレス:www@gtc.gtca.kumamoto-u.ac.jp
新しい連絡用メールアドレス:GTC@kumamoto-u.ac.jp

 メールサーバの変更に伴い、利用者の皆様にご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、ご協力をお願いいたします。

(3)第14回生命資源研究・支援センターシンポジウムについて
 平成29年11月14日(火)に、第14回生命資源研究・支援センターシンポジウムを開催します。詳細はホームページをご覧ください。

(4)遺伝子実験施設年末大掃除について
 昨年は熊本地震の影響で年末大掃除を行いませんでしたが、今年は12月13日(水)に遺伝子実験施設年末大掃除を行います。一昨年までと同様に、ご協力をお願いします。詳細については、関係者に改めてご連絡します。

(5)『アクティブボード』について
 平成29年11月の『アクティブボード』は、杉本 道彦氏(熊本大学 生命資源研究・支援センター 発生遺伝分野)、山内 聡一郎氏(熊本大学 大学院生命科学研究部(薬学系)生命分析化学分野)、河野 慎吾氏(熊本大学 大学院生命科学研究部(薬学系)生命分析化学分野)にお願いしました。各ポスターのAbstractもアクティブボードのページに掲載していますので、是非ご覧ください。

これまでのお知らせ

・2017年11月
・2017年10月
・2017年9月
・2017年8月
・2017年7月
・2017年6月
・2017年5月
・2017年4月
・2017年3月
・2017年2月
・2017年1月
・2016年12月
・2016年11月
・2016年10月
・2016年9月
・2016年8月
・2016年7月
・2016年6月
・2016年5月
・2016年4月
・2016年3月
・2016年2月
・2016年1月
・2015年
・2014年
・2013年
・2012年
・2011年
・2010年
・2009年
・2008年
・2007年
・2006年