下記日程で、第4回 KBRP セミナーを開催します。多数の皆様のご来聴を歓迎致します。

第4回 KBRP セミナー

主 催:熊本大学拠点形成研究A

   『ゲノム編集技術を用いた次世代モデル生物の作製』

    Kumamoto BioResource Project (KBRP)

日 時:2017年 2月 3日(金)15:00〜17:30

場 所:熊本大学 生命資源研究・支援センター 

    RIC/GTC棟 6階 講義室(602)

    [グーグルMap] [学内の地図](No.15の建物)

司 会:熊本大学 生命資源研究・支援センターバイオ情報分野

                准教授 荒木 正健

プログラム:

15:00〜15:20

各種マウス系統における超過剰排卵誘起

熊本大学生命資源研究・支援センター資源開発分野 教授 中潟 直己

15:20〜15:35

マウス凍結受精卵を用いたゲノム編集個体の作製 〜超過剰排卵誘起法による体外受精卵の利用〜

熊本大学生命資源研究・支援センター資源開発分野 特任助教 中川 佳子

15:35〜15:50

エレクトロポレーションによるマウス受精卵でのCRISPR-Cas9を用いたゲノム編集

熊本大学生命資源研究・支援センター疾患モデル分野 教授  荒木 喜美

15:50〜16:05

染色体特異的にクラスターを形成しているトラップ領域(CSCT)を欠損したマウスラインの表現型解析

熊本大学生命資源研究・支援センターバイオ情報分野 准教授 荒木 正健

16:05〜16:15

休憩

16:15〜16:30

簡易型CRISPR/CASシステムを用いたメダカのゲノム編集

熊本大学大学院自然科学研究科生命科学講座 准教授 北野 健

16:30〜16:45

ゲノム編集技術と核移植を併用した短期間での両生類遺伝子改変クローン集団の作出

熊本大学大学院自然科学研究科生命科学講座 教授 高宗 和史

16:45〜17:00

CRISPR/Cas9システムを用いて得られた線虫変異体の解析

熊本大学発生医学研究所分子細胞制御分野 准教授 山中 邦俊

17:00〜17:15

ゲノム編集技術を活用したショウジョウバエにおける新たな遺伝学的解析法の開発

熊本大学発生医学研究所生殖発生分野 教授 中村 輝

17:15〜17:30

総合討論

『ゲノム編集技術を用いた次世代モデル生物の作製』

       拠点リーダー 中潟 直己