下記日程で、第1回 KBRP ワークショップを開催します。多数の皆様のご来聴を歓迎致します。

第1回 KBRP ワークショップ

主 催:拠点形成研究A

   『ゲノム編集技術を用いた次世代モデル生物の作製』

    Kumamoto BioResource Project (KBRP)

日 時:2014年10月 3日(金)13:30〜18:00

場 所:熊本大学 生命資源研究・支援センター 

    RIC/GTC棟 6階 講義室(602)

    [グーグルMap] [学内の地図](No.15の建物)

司 会:荒木 正健(生命資源研究・支援センターバイオ情報分野 准教授)

プログラム:

拠点リーダー挨拶

13:30〜13:40 

熊本大学生命資源研究・支援センター資源開発分野 教授 中潟 直己 

スペシャルトーク 座長 荒木 正健

13:40〜14:30

CRISPR/Casシステムを用いたマウスゲノム編集

  大阪大学微生物病研究所・附属感染動物実験施設 教授  伊川 正人

   14:30〜14:45 コーヒーブレイク

セッション1 座長 高宗 和史(大学院自然科学研究科生命科学講座 教授)

14:45〜15:15

高活性型Platinum TALENを用いたゲノム編集

  広島大学大学院理学研究科分子遺伝学研究室 特任助教  佐久間 哲史

15:15〜15:45

CRISPR/Cas9システムによる遺伝子改変マウス作製の応用

  筑波大学大学院人間総合科学研究科実験動物学研究室 助教 水野 聖哉

15:45〜16:15 

CRISPR/Cas9システムを用いたマウス受精卵及びES細胞におけるゲノム編集

  理研CDB動物資源開発室動物実験支援ユニット ユニットリーダー 清成 寛

   16:15〜16:30 コーヒーブレイク

セッション2 座長 山中 邦俊(発生医学研究所分子細胞制御分野 准教授)

16:30〜16:50

CRISPR/Cas9による2本鎖切断・1本鎖切断を利用した場合のマウスES細胞における相同組換え効率の比較

  熊本大学生命資源研究・支援センター疾患モデル分野 教授 荒木 喜美

16:50〜17:10 

ゲノム編集技術を用いたヒト疾患モデルマウスの作製

  熊本大学生命資源研究・支援センター技術開発分野 准教授 大村谷 昌樹

17:10〜17:30

ショウジョウバエにおけるゲノム編集を活用した遺伝子機能解析法

  熊本大学発生医学研究所生殖発生分野 教授 中村 輝

17:30〜17:50

ゲノム編集技術を用いた環境依存的性決定機構の解析

  熊本大学大学院自然科学研究科生命科学講座 准教授 北野 健

総合討論 座長 中潟 直己

17:50〜18:00