Gene Technology Center

オールインワン蛍光顕微鏡

オールインワン蛍光顕微鏡

機種 メーカー 導入年 設置実験室
Biozero BZ-8000 キーエンス H17 514細胞操作室

『新構造が実現する、省スペース暗室不要のオール電動蛍光顕微鏡』です。簡単、多機能。

利用者負担金対象

機能:蛍光ボケ除去機能[ヘイズリダクション機能]
フルフォーカス機能
画像連結機能[イメージジョイント機能]
画像計測・解析
タイムラプス

詳しくはキーエンスのHPへ

仕様
□対物レンズ
Plan Apo 4x
Plan Apo 10x
Plan Fluor ELWD DM 20x(位相差)
Plan Apo 40x

 

□蛍光フィルタ

セット名 励起波長 nm 吸収波長 nm ダイクロイックミラー波長
OP-66834 DAPI-BP 360 ± 40 460 ± 50 400
OP-66836 GFP-BP 470 ± 40 535 ± 50 495
OP-66837 TRITC 540 ± 25 605 ± 55 565
OP-66839 Cy5 620 ± 60 700 ± 75 660

 

□タイムラプス
あらかじめ定めた時間間隔で、明視野、蛍光、位相差像を時系列で撮影します。撮影時以外の励起光はオートオフ制御。光毒性を低減します。また、XY位置を最大30点まで記憶し、移動しながら撮影。各ポイントのマルチカラー、Zスタック撮影も可能です。温度・CO2濃度制御のできるチャンバーを本体に搭載していますので、生細胞の長時間にわたるタイムラプス撮影が可能です。

 

□デジタル画像計測・解析ソフトVH-H1A5 (VH-Analyzer)
・マウス操作によるマニュアル計測(2点間、角度、円、面積など)
・輝度または色により二値化した自動計測(カウント、面積、長径、短径、輝度など)

 

*本機は、医学教育部実習用備品です。実習として利用するのは年に数回しかありませんので、活用できるようにと当施設が管理を任されております。施設内の他の機器同様、利用できます。ただし、実習がある場合は、実習が優先されます。

 

メンテナンス記録
2009.10.26 水銀ランプ交換

戻る

[更新2016.1.27]

PAGETOP
Copyright © GTC All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.