Gene Technology Center

生化学分析装置

生化学分析装置

機種名 メーカー 共同利用開始 設置実験室
ドライケム NX500 富士フィルム H29年1月25日 【503】電気泳動室

 

利用者負担金対象


機器の特長

◎ 試薬(スライド)を機器にセットし検体を点着するだけで測定を行える
◎ 比色27項目、電解質3項目測定可能
◎ 1項目から測定でき、短時間で測定値がでる
◎ サンプルが少量でも測定できる
◎ 自動点着/手動点着が可能

詳しくは>>ドライケムNX500のサイトへ

ドライケム使用について
○ 病院や動物病院で使われる機器ですが、実験動物(マウス、ラット)でも利用実績があります。
ただし、試薬はヒト用ですので、実験動物では測定できない項目があります。

○ 検体は、実験動物(マウス、ラット)の血清または血漿に限ります。

○ 利用者が準備するもの:ご持参ください
・測定したい項目のスライド
・希釈液(希釈する場合)
・マイクロピペッターとチップ
・廃棄用の袋

○ 遺伝子実験施設で準備しているもの
・オートチップ
・プレインチューブ500μl

○ 使用記録簿に、使用したスライドの枚数を電解質とその他の項目に分けて記入してください。

○ 廃却ボックスのスライド及びチップを袋に入れ、研究室に持ち帰って適切に廃棄してください。

○ 機器や実験台を清潔に保つようご協力ください。

担当: 慶田(けいだ)、吉信(よしのぶ) 内線6505

[作成2017.1.27]

PAGETOP
Copyright © GTC All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.