Gene Technology Center

遺伝子実験施設について

  • HOME »
  • 遺伝子実験施設について

遺伝子実験施設は、生命科学分野の教育研究の総合的推進に資することを目的として、遺伝子実験における技術支援および情報提供を行っています。

沿革

平成6年度   文部省令により学内共同利用施設として熊本大学遺伝子実験施設 発足
平成7年4月  医学部F棟地下において活動を開始
平成9年4月  アイソトープ総合センター・遺伝子実験施設合築の建物が完成、移転
平成9年10月 遺伝子実験施設竣工記念セミナー開催
平成15年4月 学内再編により生命資源研究・支援センター 遺伝子実験施設に名称を変更
平成27年8〜9月 P3実験室をP2実験室に改修
平成28年4月 熊本地震により甚大な被害を受け、一定期間運営を停止
平成29年3月 地震の被害からほぼ復旧

組織

遺伝子実験施設は、熊本大学生命資源研究・支援センター運営委員会、熊本大学遺伝子組換え生物等第二種使用等安全委員会、学内関係部局、全国大学等遺伝子研究支援施設連絡協議会との連携によって運営されています。

PAGETOP
Copyright © GTC All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.